タギゾウくんの養老ノート・・・養老町で見聞きした様々な情報を、テキスト・画像・位置を基に掲載しています。

地名 | タギゾウくんの養老ノート | Page 18
ブラウザを認識できませんでした
レイアウトが崩れる可能性があります
(サポート対象:FireFox,Chrome,IE8以降等)

地名

室原の地名

相川綾野の渡し

土地改良の時に字名の一部変更があった。宮の名前を取って室原の一部を小栗栖(おぐるす)、色目から新宮(しんぐう)までを新宮、東のほうを住吉とした。 小字の茶園原(ちゃえんばら)にはお茶所があったのではないかと思う。 宇田、安久、中、豊、色目、橋爪、別所の日吉 [...]

室原の水車小屋

室原の水車小屋跡地

養老室原の色目には水車小屋があったようである。

室原の土地

桜の里近くの墓地

新宮(しんぐう)東は荒れた土地だった。 桜の里辺りは墓地などがあり、牧田川の決壊の影響か瓦礫だらけだった。

首塚

首塚

室原地区字住吉に首塚といわれる所があった。行き倒れた侍が埋葬されていたが、土地改良の時に供養して移動された。

室原の成り立ち

室原の風景

室原は、井畑、熊野神社周辺、色目の順に人が移ってきたといわれている。 室原の士族は、愛知県津島市から来たという説と滋賀県から来たという説がある。 小栗栖(おぐるす)の西にあった部落が室原へ移転してきた。